スポンサードリンク

 *月兎印スリムポット(ゲットポット)0.7リットル(ホワイト)
スポンサードリンク

 *月兎印ホーローキャニスターMサイズ12cm

月兎印というブランド

月兎印というブランドをご存知でしょうか。ご存知ない方は、まず何を作っている会社のブランドなのかというところから話が始まると思います。この月兎印とは、主にコーヒーポットをはじめとして、お皿や食器類のブランドです。主にコーヒーポット、と申し上げたのはコーヒーポットの世界では大変有名だからです。
ひとつ頭に思い描いていただきたいのですが、コーヒーの味にちょっとこだわりがありそうな喫茶店にて、常にコンロにかけてあって湯気をシューシュー噴き出しているポットってよくありますね。そこにあるポットはホーロー製で、口が曲線になっていて注ぎ口は細くなっているものがほとんどです。このホーロー製のポットこそ、月兎印である可能性大です。独特の風合いなので月兎印ファンの方ならすぐに分かるくらいの存在感で、30年以上もこの形を守り続けている逸品なのです。

  *月兎印スリムポット(ゲットポット)0.7リットル(ホワイト)

ホーロー製品一筋の会社

月兎印は野田琺瑯という会社の製品で、30年以上デザインを変えることもなく製造を続けているということで、相当なこだわりを持った会社であることが想像できます。
月兎印は、(株)フジイが藤井商店であった時代(大正15年)に産声をあげたブランドです。
藤井商店は琺瑯メーカーとして日本における琺瑯の文化を作り上げ以来、琺瑯は家庭用、業務用など色々な場面で使用されることとなりました。月兎印はそんな琺瑯製品の唯一のブランドとして認知され今日に至っています。
こだわりの強さは想像通りで、ホーロー製品一筋の会社のようです。月兎印のコーヒーポットの他にも鍋や調理小物、保存容器、洗面器、理化学用品なども作っています。特に洗面器を見た時はなんとも言えない懐かしさをおぼえました。真っ白なボディに紺色のふちどりがされたホーロー製の洗面器は、筆者も実物を使っていた世代ではありませんが、ちょっと昔の話を題材にした映画でよく見た記憶があります。最も印象に残っているのは「ラストエンペラー」という清朝最後の皇帝・溥儀を主人公にした映画で戦争捕虜となった人たちが洗面器として使っていたシーンです。この時代によく使われていたということは第二次大戦中のことですから、ホーローの洗面器はかなり昔からあったことになります。

ホーローへの強いこだわり

月兎印はここまでホーローにこだわって、ホーローへの強い愛情を持っている会社の製品ということを知ると、ますます自分でもひとつ持っていたくなりました。喫茶店のおいしいコーヒーはこのポットでお湯を沸かしているからではないかと思うくらいです。
ここまで味わいのある月兎印なのですが、古いものをそのまま作り続けていることもあって弱点もいくつかあるようです。最大の弱点とは、月兎印のポットは持ち手もホーローで出来ているため、お湯を沸かしていると持ち手も大変熱くなってしまうということです。そう言えば喫茶店では鍋つかみを使ってポットを持っていたような気がします。それでも根強いファンが減らないのが月兎印の魅力なのでしょう。

月兎印